インターネットバンキングからの振込を決済手段とすることは可能?

インターネットバンキングってそもそもなに?

インターネットバンキングというワードを耳にする機会が増えてきましたが、そもそもどんなものなのかハッキリしていない方も多いかもしれませんね。インターネットバンキングとは、銀行との取引をインターネットを介して行うものです。よく見られるのは、ネットショップでサービスを受けたり商品を購入した場合、料金をインターネットバンキングを利用して決済する方法です。現在ほとんどの銀行でインターネット上に支店を設けており、インターネットバンキングが可能になっています。ネット銀行(インターネット専業銀行)はもちろん、地方銀行などでも対応しています。ネットバンキングの利用に当たっては銀行に口座を持ちネットバンキングの申請をしていることが前提条件です。そしてネットショップがネットバンキング決済に対応していれば振込決済を行うことが可能になります。

オンライン振り込みとインターネットバンキング決済の違いは?

インターネットバンキング決済と似たものに、銀行振り込みのオンライン決済があります。これまで一般的な銀行振り込みは窓口やATMで行ってきましたが、それをインターネット上で行えるようにしたものがオンライン振り込みです。この場合、ネットショップから商品を購入した後、メールによって振込先銀行の口座番号の情報が送られてきます。購入者はそのデータを見ながら、オンラインで振り込みを行います。一方インターネットバンキングでは決済時、各ネットバンクにログインすれば金額などの指定が予め表示されているため、自分で金額や振込先情報を入力する必要がありません。このため相手先の指定ミスや金額の桁間違いなどの人的ミスを減らすことが可能となります。

© Copyright Checking Account Alternative. All Rights Reserved.